川地後水源[南阿蘇村]

『川地後水源(かわぢごすいげん)』は、住宅街の一角にあり、いつみても花で彩られた小さな水源。農産物の洗浄などに利用できるように整備されています。

名水情報

水源

水源は池の北側[川地後水源・南阿蘇村]
水源は、南阿蘇村に点在する他の湧水に比較すると規模は小さい。また、囲まれている池がおもな湧水口ではなく、湧水池北側の崖線に湧水源があります。
庭の池のような水源[川地後水源・南阿蘇村]
湧水池の広さは、幅2メートル、長さ5メートルほどの大きさで、庭の池のような佇まいです。

現在は農作物などをふくめた洗い場として地域住民に使用されています。また、水の冷たさを活かして野菜や果物を浸して冷やすことにも利用されています。

ミネラル成分

※ミネラル成分等の情報は分析されていません。

pH(14℃)
ナトリウム
– (mg/ℓ)
カリウム
– (mg/ℓ)
カルシウム
– (mg/ℓ)
マグネシウム
– (mg/ℓ)
湧水量
約1(トン/毎分)

洗い場

農作物の洗い場[川地後水源・南阿蘇村]
こちらの水源は、飲料水としての「汲み場」というよりは「洗い場」が主な湧水池。洗い物作業がしやすいよう、池にはコンクリで渡しが架けられています。

施設・その他

湧水そばの休憩所[川地後水源・南阿蘇村]
水源の周りは整備が行き届いており、ベンチや東屋などの休憩場所があります。駐車場は東屋の前に普通車2台程度なら駐車可能。

また、お手洗いはありませんが、近隣にある南阿蘇鉄道『南阿蘇水の生まれる里白水高原駅』にトイレが設置してあります。

ロケーション

南阿蘇村の中ほどでもあり、南阿蘇カルデラの真ん中あたり。また、南阿蘇鉄道の立野〜高森の中間にある『南阿蘇水の生まれる里白水高原駅』が付近にあります。駅までは徒歩数分の場所にあり非常にアクセスしやすい。
水源そばの民家と村道[川地後水源・南阿蘇村]
南側そばには村道があり、水源は住宅の中にまぎれるように存在するようすは、一般家庭の庭先にある池のような感じ。
川地後水源そばのカフェ『ちゃふぇ南阿蘇』
そばには、カフェ『ちゃふぇ南阿蘇』があります。

南方向へ直線距離で約200メートルに『寺坂水源』。北西方向へ直線距離で約1キロメートルに『塩井社水源』があります。

アクセス情報

鉄道
水源へのアクセスは、南阿蘇鉄道『南阿蘇水の生まれる里白水高原駅』下車。駅からの距離は約230メートルで徒歩3分。

バス
付近の村道を走る産交バスにのり『川地後』停留所で下車。停留所から徒歩1分ほど。

車・バイク
西原・久木野方面へ【県道39号線】
南阿蘇から高森へと通じる【国道325号線】を通るばあい、【県道39号線】と交差する交差点をコンビニ『ローソン 南阿蘇白水店』側の南下するほうへ向かいます。交差点から約1.3キロメートル走行すると村道と交差する交差点へ着きます。
中松の交差点【県道39号線】
交差点には、左角にガソリンスタンド。前方には南阿蘇鉄道の陸橋と『中松郵便局』が見えます。こちらの交差点を右折してください。
南阿蘇村中松交差点
先ほどの交差点右折から進んでいくと『南阿蘇中松交差点』がありますが、ここは直進します。ちなみに右折すると『一心行の大桜』へ向かいます。

先ほどの交差点右折から約800メートル直進すると、左手に『スーパーみつい中松店』が見えます。このスーパー前を通過。
『南阿蘇水の生まれる里白水高原駅』そばのガソリンスタンド跡[川地後水源・南阿蘇村]
スーパーの前から約350メートル直進すると、左手にガソリンスタンド跡があり鉄柱に水源の案内標識が取り付けてあります。水源は、右手の脇道そばにあります。
村道の脇道に入ってすぐ[川地後水源・南阿蘇村]
脇道をはさんだ隣が『ちゃふぇ南阿蘇』。

湧水地情報

所在地
熊本県阿蘇郡南阿蘇村中松1231[地図
料金
無料
駐車場
有り・2台程度
トイレ
無し
店舗
無し
その他
現在は飲料用として利用されていません。

南阿蘇湧水群リンク

白川水源 | 竹崎水源 | 妙見神社の池 | 吉田城御献上汲場 | 小池水源 | 明神池名水公園 | 池の川水源湧沢津水源 | 寺坂水源 | 川地後水源 | 塩井社水源

阿蘇の紅葉名所ガイド