竹崎水源[南阿蘇村]

『竹崎水源(たけざきすいげん)』は、旧白水村の一番南に位置する湧水地。こちらを訪れると分かるのですが、湧水が池のように溜まっていると言うより、横を流れる川に”合流している“といった表現が分りやすいでしょう。

こちらの水源は「くまもと名水100選」選ばれている源泉です。

名水情報

水源

毎秒2トンの膨大な湧水量[竹崎水源・南阿蘇村]
水源の広さは小池のような広さですが、そばを流れる「両併川」と合流するポイントでの湧水量は毎秒に2トン、1日で17万2千トンという膨大な量を湧出する。南阿蘇でも屈指の湧水地。
小河のように湧き出る天然水[竹崎水源・南阿蘇村]
竹林と石垣で補強された畦のような湧水口から、天然水が小河のように繰り出される。
久木野田園の灌漑用水[竹崎水源・南阿蘇村]
この豊富な水量は、付近の水田350町歩(1町歩=約9917平方メートル)に水を供給できるため、久木野地区土地改良区内の水田700町歩の半分を潤していることになります。

また、湧水地付近には祠(ほこら)がありますが、これは昭和36年9月18日に熊本市の加藤神社のご利益をいただいて奉納されたもの。
そのほか、計り知れない水の恩恵に、受益者ら精一杯の感謝の気持ちを表現するため、年2回「妙見祭」を南阿蘇村竹崎地区14戸と久木野地区土地改良区合同で執り行なっています。

ミネラル成分

pH(14℃)
7.8
ナトリウム
9.35 (mg/ℓ)
カリウム
6.33 (mg/ℓ)
カルシウム
22.8 (mg/ℓ)
マグネシウム
7.32 (mg/ℓ)
湧水量
120(トン/毎分)

ロケーション

水源は、北に「南阿蘇鉄道」と「白川」、南に「県道28号線」の間にあります。田園風景に囲まれた林に在るため、遠くからちょっと見つけにくいが、付近をとおる【県道28号線】の入り口に場所を示す案内板が設置されています。
細い農作業道路[竹崎水源・南阿蘇村]
以前はアクセスするのに狭い農道を進んでいく必要がありましたが、現在は舗装化され道路幅も若干広くなったことで、汲み場まで行きやすくなりました。ただ、道幅の都合により離合がむずかしく、往来は農作業車優先であるのをご理解ください。
竹崎橋を渡って左手に水源[竹崎水源・南阿蘇村]
進入していくと右手に小河と橋が架かっています。橋の手前の駐車スペースは狭いのでハンドル操作には注意が必要です。そこから橋を渡ってすぐ左手に水源があります。
一般車輛の進入禁止[竹崎水源・南阿蘇村]
橋から先は一般車輛の進入は禁止です。非常に道幅が狭く農作業車専用道路になっています。

汲み場

汲み場は二箇所スロープあり[竹崎水源・南阿蘇村]
湧水ポイントを挟むように2箇所あり、一方は土と岩でできた緩やかな階段と汲み場。もう一方は木製スロープとコンクリートで施工された汲み場があります。

また、現場には湧き水を汲むための柄杓(ひしゃく)や漏斗(じょうご=ロート)は常備してません。

施設・その他

水源周辺にお手洗いや休憩所はありません。

アクセス情報

所在地
熊本県阿蘇郡南阿蘇村両併20[地図
料金
無料
駐車場
無し(但し、橋の手前に小型車一台程度のスペースあり)
トイレ
無し
店舗
無し
その他
道路・駐車スペースは農作業優先

南阿蘇湧水群リンク

白川水源 | 竹崎水源 | 妙見神社の池 | 吉田城御献上汲場 | 小池水源 | 明神池名水公園 | 池の川水源湧沢津水源 | 寺坂水源 | 川地後水源 | 塩井社水源

阿蘇の紅葉名所ガイド