【大分 国道10号】中津市〜佐伯市 渋滞積雪情報カメラ

【大分 国道10号】中津〜佐伯 ライブカメラ

【大分 国道10号】中津市〜佐伯市 渋滞積雪情報カメラ
大分県の国道10号線は、大分都市部を縦に横断する経済流通に欠かせない主要幹線道路のひとつ。

北は北九州市方面から大分入り。県境の中津市から宇佐市を経由、国東半島を内陸側を通過して、温泉地の別府、大分市を抜けて、南東の佐伯市から山間部を通過しながら宮崎県延岡市へ続きます。

都市部の国道区間では、走行車両の増加にともない復車線化計画(国道10号別大拡幅事業)がすすめられ、中津バイパスでは対向4車線化され、さらに交通量の多い別府市から大分市までの区間である通称『別大国道』では6車線化しました。

ライブカメラの多くは、山間部を通過する宇佐市〜日出町区間と、交通の要所となる別府市のメインルートに設置されています。これら国道10号線の路面状況をキャッチして業務・観光ドライブの情報収集に活用してください。





国道10号線(宇佐市〜日出町)



国道10号線(別府市 汐見町〜浜脇)

国道10号線・東九州道(佐伯方面)





阿蘇道路ライブカメラ[渋滞・積雪確認]