吉田城御献上汲場[南阿蘇村]

名水情報

水源

『吉田城御献上汲場(よしだじょうごけんじょうくみば)』は、水源の名のとおり、昔この地域一帯を治めていた阿蘇家の重臣『吉田主水頭(もんどのかみ)』が在城していたのが吉田城。その城が使用する水をまかなっていたのが、こちらの水源。城主も愛飲していたとのこと。
吉田城御献上汲場[南阿蘇村]
旧白水村のほぼ中央に位置していた吉田城。統治していた阿蘇家の主城の一つで、この辺りにも広大な土地を所有。阿蘇家が矢部郷をふくめて支配したころ、この城は位置的にも重要な役割を果たしていました。

また、地名に修復野(城主が使用するカヤを立て)、馬場(馬の調教訓練場)、外園といった名残があり、広い範囲で地域が繁栄していたことが分かります。
大理石プレート[吉田城御献上汲場・南阿蘇村]
こちらの湧水の評判はよく「美味しい水」として汲みにくる人が多い水源。この美味しい理由のひとつに『ハロイサイト』という白い物質含まれています。これは、カリオン類の粘土鉱物で、六甲の水に代表される『灘(神戸周辺の酒造)』の酒の原水にも含まれています。
湧き出しによる幾重もの水紋[吉田城水源・南阿蘇村吉田]
豊富な湧き水は、現在でも近隣の約15戸の家庭に供給されています。

ミネラル成分

pH(14℃)
7.3
ナトリウム
12.4 (mg/ℓ)
カリウム
5.88 (mg/ℓ)
カルシウム
43.0 (mg/ℓ)
マグネシウム
9.57 (mg/ℓ)
湧水量
約5(トン/毎分)

汲み場

吉田城御献上汲場[南阿蘇村]
整備はかなり行き届いており、水源のまわりは切り出した岩やコンクリートでシッカリと囲まれていて、水以外の不純物が容易に混じらないように施工されています。
汲み場全体[吉田城御献上汲場・南阿蘇村]
汲み場は平でスペースに余裕があり、水面に近い所まで段差低めの階段。駐車場から汲み場付近も舗装されているため、天候に左右されずに安心して天然水を汲めるようになっています。
備え付け柄杓[吉田城御献上汲場・南阿蘇村]
汲み場スペースには、地域保存会のご好意で柄杓が用意されています。

施設・その他

舗装駐車場[吉田城御献上汲場・南阿蘇村]
すぐ近くに10台程度停められる舗装駐車場を完備。休憩所、お手洗いなどの施設はありません。

汲み場から少し離れた南阿蘇鉄道の踏切付近には、吉田城址があり阿蘇南側外輪山を望める場所にあります。しかし、場所を示す案内の杭がないと存在がわからないほどです。

ロケーション

汲み場から見える水田[吉田城御献上汲場・南阿蘇村]
水源は周囲を田畑に囲まれ、近隣には農村集落が点在するひっそりとした場所にあります。汲み場のすぐ近くを『南阿蘇鉄道』が通過するので、湧き水を汲んでいる途中で見掛けることもしばしばあります。(現在は熊本地震の影響で運行中止。2016年7月中旬に一部区間〈中松〜高森〉運用再会予定。)

西方向には『小池水源』があり、かなり近いです。

アクセス情報

鉄道
水源へのアクセスは、南阿蘇鉄道『阿蘇白川駅』で下車。駅から目的地までは約1.3キロメートル。徒歩20分ほど。

バス
付近の村道を走る産交バス『上吉田』停留所で下車。バス停から徒歩10分ほど。

車・バイク
南阿蘇を横断する【国道325号線】を利用して、まずは『阿蘇白水温泉瑠璃』をめざしてください。すると、【県道111号線・阿蘇登山道路】と交差する交差点があります。
JA阿蘇白水中央支所給油所【国道325号線】
交差点付近には『JA阿蘇白水中央支所給油所』と『JA阿蘇グリーンなんごう』があり、そちら方向(南側:写真なら右折)へ進入してください。
ノースグレープファームの交差点を左折[南阿蘇村吉田]
しばらく直進したら『観光ぶどう園・ノースグレープファーム』と『JA阿蘇白水中央支所』がある『白水村吉田』交差点を左折。
JA阿蘇葬祭南阿蘇斎場付近の脇道を右折[吉田城の案内標識]
次に左手に『JA阿蘇葬祭南阿蘇斎場』が見えたら十字路を右折してください。十字路には『吉田城御献上汲場』へ案内する標識があります。
踏切通過後の交差路を左折[吉田城水源・南阿蘇村吉田]
脇道に進入したら道なりに直進すれと踏切があります。そのまま100メートルくらい進むと、カーブミラーを対角に設置した十字路があります。ここを左折して集落の間をすこし進めば水源に到着です。

湧水地情報

所在地
南阿蘇村大字吉田(旧白水村)[地図
料金
無料
駐車場
有り・10台程度
トイレ
無し
店舗
無し
その他
柄杓の用意あります。

南阿蘇湧水群リンク

白川水源 | 竹崎水源 | 妙見神社の池 | 吉田城御献上汲場 | 小池水源 | 明神池名水公園 | 池の川水源湧沢津水源 | 寺坂水源 | 川地後水源 | 塩井社水源

阿蘇の紅葉名所ガイド