長陽大橋の復旧状況 Banner

【熊本地震】長陽大橋の復旧状況〈2017年3月〉

熊本地震で被災した『長陽大橋』の復旧工事の情報を更新〈2017年3月分)しています。阿蘇長陽大橋の応急復旧の時期は、2017年夏(7月下旬頃)の開通予定です。
長陽大橋の復旧状況 Banner

長陽大橋の現状

更新:2017年2月27日

立野側

長陽大橋復旧工事[立野側]
橋の西側アプローチ部分の橋脚の建設進行中。

戸下側

長陽大橋復旧工事[戸下側]
戸下側斜面の掘削中。また、橋へのアプローチ道周辺の新規整備工事が進行中。そのほか斜面の上辺では、新しい阿蘇大橋の基礎工事が行なわれています。

栃の木側

長陽大橋復旧工事[栃の木側]
斜面の強度アップと整備のための法枠施工工事が進行中。

更新:2017年3月6日

立野側

長陽大橋復旧工事[立野側]
橋の西側アプローチ部分の橋脚の建設進行中。また上部では、新たな村道が通過するため、丘の一部を掘削整備しています。

戸下側

長陽大橋復旧工事[戸下側]
戸下側斜面の掘削と安定化工事の実施中。
長陽大橋復旧工事[戸下側]
夏の暫定開通に間に合うよう、斜面掘削の夜間作業がはじまりました。

栃の木側

長陽大橋復旧工事[栃の木側]
斜面整備のための法枠施工工事が完了。

更新:2017年3月13日

立野側

長陽大橋復旧工事[立野側]
橋の西側アプローチ部分の橋脚の建設進行中。丘の掘削作業も引き続き行なわれています。

戸下側

長陽大橋復旧工事[戸下側]
戸下側斜面の掘削と法面安定化の作業が同時に進行しています。
長陽大橋復旧工事[戸下側]
斜面周辺の夜間掘削作業に複数の重機が展開中。