熊本地震前の阿蘇神社

【熊本地震】阿蘇神社・社殿復旧の募金情報

ゴールデンウィークの阿蘇神社

熊本地震の影響により、ゴールデンウィーク期間中にも関わらず、阿蘇神社・門前町を訪れる参拝者・観光客は予想以上に少ない。
熊本地震後、GW期間中の阿蘇神社門前町
私が訪れた5月1日の門前町商店街は、平日以下の来訪客数と非常に厳しい。
熊本地震後、営業中の商店「たしろや」
神社周辺のお店は、ごく一部を除いてほぼ営業を再開。阿蘇市サイクリングでよく訪れる「たしろや」のおじさんも、いつも通りでした。

境内周り

楼門前の藤の花[阿蘇神社]
「楼門(ろうもん)」の前には「第一神陵の神杉」があり、その周りには池が設けてあります。訪れた頃には、藤の花がいい感じでした。
地震で倒れた塀と藤の花[阿蘇神社]
池の周りを囲った塀はブラリと倒れて、美しい藤の花とイメージがアンバランス。
見頃の藤の花[阿蘇神社]
しかし、白系の綺麗な花びらに心安らぎます。
水面の水芭蕉[阿蘇神社]
池の水面付近には水芭蕉らしき花も見頃。

参拝所の設置

地震で倒壊してしまった阿蘇神社の「楼門(ろうもん)」と「拝殿」。その後、状況に変化がないか気になりました。
楼門前の簡易参拝所[阿蘇神社]
前回訪れた時は、倒れた楼門が無惨にも目前にありましたが、現在は白い塀で隔てられました。また、参拝用の場所が屋根つきで設けられ、お参りできるようになりました。
地震後の参拝者の列[阿蘇神社]
神社付近を散策していて、気がつけば参拝所では列ができている。皆さん、神社のこれからが気掛かりなんです。

さて、参拝所を訪れると分かるのですが、阿蘇神社では社殿復旧にともなう奉賛(募金)を開設。
倒壊した拝殿・社殿[阿蘇神社]
この度の地震で崩れた「楼門」は、重要文化財指定のため、再建費用は国が負担してくれるのですが、指定されていない「拝殿」は神社の自費によって再建しなければなりません。
拝殿が全壊、これに三つの神殿が半壊であるため、修復金額が膨大な額になることは確実です。

阿蘇神社復旧募金情報

熊本地震前の阿蘇神社
阿蘇神社の拝殿・社殿の復旧募金に関する情報が、阿蘇神社から公式に発表されました。阿蘇市全体の復興と観光客誘致を考えると、阿蘇神社の修復は急がなければならないでしょう。

以下、公式コメントより転載。

————————–
阿蘇神社 権禰宜の宮川です。
4月16日未明に発生した熊本地震により境内建物が甚大な被害を受けました。楼門・拝殿が倒壊し、三つの神殿につきましても大きく破損しております。
阿蘇神社は肥後一の宮として地域はもとより広く崇敬をあつめてまいりました。地域の守り神であり心のよりどころである神社として、この未曽有の災害から早急な復旧が求められております。
つきましては、皆様方の善意によって一日も早く元の姿を取り戻せますようお力添えを賜りたく、ご奉賛のお願いを申し上げます。
————————–

ゆうちょ銀行

郵便振替
口座番号 01920-8-15435
加入者名 阿蘇神社
※ 通信欄に「社殿復旧奉賛」とご記入下さい。

阿蘇神社復旧募金(振込用紙記述)

肥後銀行

支店名:宮地支店
口座番号:普通 1419039
口座名義:阿蘇神社災害復旧事業奉賛会(アソジンジャサイガイフッキュウジギョウホウサンカイ)

熊本銀行

支店名:宮地支店
口座番号:普通 3032360
口座名義:阿蘇神社災害復旧事業奉賛会(アソジンジャサイガイフッキュウジギョウホウサンカイ)

阿蘇神社の現状と2017年初詣情報〔臨時駐車場地図〕