新阿蘇大橋の再建イメージ

阿蘇大橋 国道325号の再建状況〈2017年3月〉

新阿蘇大橋の再建イメージ

熊本地震で被災した『阿蘇大橋』の再建工事の情報を更新〈2017年3月分)しています。阿蘇大橋の再建開通の時期は2020年秋頃の予定です。

新しい阿蘇大橋の現状

工事現場地図[新阿蘇大橋]

更新:2017年3月3日現在

立野側

立野側・重機による掘削作業[新阿蘇大橋]
掘削作業が進行し、谷側へ下りていくように段差が形作られていきます。斜面がフラットになった部分は保護シートが貼られています。

左上の山腹には国道57号線(現在は工事用道路)が見える。

栃の木側

栃の木側・重機による掘削作業[新阿蘇大橋]
掘削作業が進行中。パワーショベルの台数が増やされ掘削作業がすみやかに進行中。土砂が次々とダンプカーへ積載される。

更新:2017年3月10日現在

立野側

立野側・掘削土砂の搬出[新阿蘇大橋]
谷側に近い土壌から大岩が次々と掘り起こされる。掘削行程で掘り出された大岩が集められ悪路運搬用ダンプカーへ積載。

栃の木側

栃の木側・重機による掘削作業[新阿蘇大橋]
掘削作業が進行中。地盤は広く掘り下げられ6台のパワーショベルが作業展開中。柔らかい地質のため多数のラダーが敷かれており、その上に土砂を積載するダンプカーが往来している。

むこうの立野側では、渓谷斜面ギリギリの位置で1台のパワーショベルが掘削作業中。

更新:2017年3月17日現在

立野側

立野側・重機による掘削作業[新阿蘇大橋]
農耕地だった地層は掘削が進み、拓かれた工事現場には5台のパワーショベルが作業中。谷側の岩は大きく、削岩しながら土砂をダンプカーへ積載。

奥に見える橋は『長陽大橋』で、主桁の道路部分や長い橋台の修復中。また同時にアプローチ付近の斜面も掘削作業中。

栃の木側

栃の木側・重機による掘削作業[新阿蘇大橋]
さらに掘削作業がすすみ、堀拓かれた工事現場には土砂を積載する5台のダンプカーが待機。左側掘削斜面の上部にもパワーショベルが2台展開。作業進行状況もペースアップしている。

更新:2017年3月24日現在

立野側

立野側・作業用道路工事[新阿蘇大橋]
掘削作業が広い範囲で渓谷斜面部分まで到達している。また工事用道路が蛇行するように奥に伸びているのが分かる。奥の工事現場にも掘削作業中のパワーショベルが複数展開中。

栃の木側

栃の木側・重機による掘削作業[新阿蘇大橋]
地層の掘り下げがさらにすすみ、工事現場がすり鉢状に広がっていく。こちらの土砂は小さめなため通常のダンプカーによってピストン輸送されている。